おきぐすりとは?

おきぐすりとは?

おきぐすり(配置販売業)とは、配置販売業の許可を得た販売業者が、直接お客様の家庭を訪問し、薬を予めお客様へ預け、次回訪問した際にお客様が服用した分だけの代金を頂き、少なくなった薬は再度お預けするというシステムです。
薬の種類は、風邪薬や頭痛薬、胃腸薬といった内用薬のほか、目薬や貼り薬、絆創膏や座薬といった外用薬があります。
また、当協会で取り扱っている医薬品は医師の処方箋を必要としないため、ちょっと風邪気味…といった時や、包丁で指を切ってしまった!といった時などお気軽にご使用いただけます。

置き薬

薬の分類

一般用医薬品は、副作用や飲み合わせ等の使用方法の難しさから、下記3つのグループに分類されます。

第1類医薬品<特に難しい(リスクの高い)グループ>

一般用医薬品として使用経験が少ない等、安全性上特に注意を必要とする成分を含むもの。

第2類医薬品<比較的難しいグループ>

稀に入院相当の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。
また、指定第2類医薬品は、第2類の中でも相互作用が多いなど、特別な注意を要する成分を含むもの。

第3類医薬品<比較的簡単なグループ>

日常生活に支障をきたすほどではないものの、体の変調・不調がおこるおそれのある成分を含むもの。

その中でも配置薬登録販売者は第2類医薬品と第3類医薬品の配置、販売を行なっております。

一般用医薬品の分類 対応する専門家
第1類医薬品 薬剤師
第2類医薬品 薬剤師
または
配置薬登録販売者
第3類医薬品